発毛の方法

男性型脱毛症に陥った場合の発毛治療に関しては、自力で治療を進めていくことはこんなんです。
そのため、実際に発毛をするためにはその根本的な原因を治療して発毛に必要な頭皮の環境を整えなくてはならないということを知っておきましょう。

では、この症状を治療するために必要な治療とはどのようなものなのでしょうか。
男性型脱毛症を根本的に治すためには、体内に存在している脱毛症状を引き起こす原因を抑える必要性があります。
男性型脱毛症によって髪の毛が抜ける過程を簡単に述べると、脱毛作用を生じさせる物質が人間の髪の毛に存在する男性ホルモン受容体という部分と結びついて発症する仕組みになっています。

これは言い換えると、男性ホルモン受容体が存在しない髪の毛に関しては脱毛症状を発症しないともいえます。
実は、この考え方はそのまま男性型脱毛症を治療する際に役に立つことになります。

事実、専門的な治療を行う際には自毛植毛という手術が行われることがあるのですが、自毛植毛で移植されるドナーには男性ホルモン受容体が存在しない髪の毛が選択されます。
男性ホルモン受容体の有無は、頭皮のどの部分から髪の毛が生えているのかで容易に確認することが可能です。
基本的に、男性ホルモン受容体は後頭部に存在する髪の毛には存在しないことが大半なので、この部分から髪の毛を採取して移植することで一生抜け毛に困らない髪の毛を成長させることができるようになります。

もちろん、こうしたドナーの移植だけが治療方法ではなく薬を利用した方法もあります。
薬を利用した方法で治療を進めていく時には、継続的に処方された薬を使い続けることが前提になりますので最低でも1年は継続的に薬の効果を確認する必要があります。

ページトップへ