男性ホルモンを抑制して産毛を生やして発毛を行おう

男性型脱毛症を発症している人は、男性ホルモンを抑制して産毛を生やすことが最初の目標になります。男性ホルモンは、男性ホルモン受容体という部分と結合することによって脱毛作用を引き起こしますので、こうした脱毛症状を抑えるためには男性ホルモンの働きを無効化する対策をきちんと考えなくてはいけません。
この対策として最も効果的なのが、医学的な研究によって開発されたプロペシアという専門の薬です。プロペシアは国家で唯一認可されている男性型脱毛症に対する薬であるため、その効果は医学的にも認められています。ただし、初めて薬を服用するときには初期段階の薬の効果に関してしっかりとした知識を持っていなくてはいけません。そうしないと、誤解をして途中で薬の服用をやめてしまうことも想定されます。
原則として、身体に大きな副作用が出たりなど身体に合わなかった場合以外に関しては、発毛効果のある薬の服用を途中で辞めることは推奨されていません。なぜ途中で辞めることができないのかというと、発毛効果のある薬に関しては初期の段階で初期脱毛という髪の毛の脱毛症状があるからです。これは、薬の効果によって古くなった髪の毛が脱毛する現象のことを意味するのですが、一度この現象が始まると古い髪の毛は全て抜けてしまいますので途中で薬の服用をやめるとその後に髪の毛が生えてこなくなります。重要なのは、初期脱毛が終わった後にその下から産毛が生えてくることを確認することなので、そのことを忘れないように理解しておきましょう。初期脱毛に関しては、プロペシアを服用する人の大半が体感することであるため、何も不安になる必要はないということを理解しておくことが重要です。

ページトップへ