うなじの薄毛対策として安全に発毛効果が得られる薬

頭頂部のうなじ部分から、髪の毛が薄くなっている症状が現れる場合があります。
頭頂部のうなじや生え際などから薄毛になっていく症状のことを、男性型脱毛症またはAGAと呼んでいます。
AGAの症状として代表的なものとなる薄毛が発症しているときには、生活習慣の改善や、睡眠不足、ストレスの解消などの対策法では効果が出ないことが考えられ、専門の男性ホルモンを抑制させる対策が必要になります。
AGAは男性ホルモンと還元酵素が結びつくことによって発生する、ジヒデロテストステロン(DHT)の作用によって、毛髪の成長期が短くなってしまい、髪の毛が薄くなったり細くなることが原因であると考えられています。
そのためにAGAの症状を改善するために有効な医薬品として、フィナステリドを配合しているプロペシアがあります。
プロペシアは海外で開発された医薬品で、世界の50か国以上で使用されているために安全性の高いものとして知られています。
日本の厚生労働省でも認可しており、専門治療を行っているクリニックなどで処方が行われています。
自分の薄毛の原因がAGAではないかと感じているときには、クリニックを受診してカウンセリングを受けることがおすすめです。
最先端の医療機器を導入しているクリニックであれば、マイクロスコープや遺伝子検査などが行われていますので、科学的見地から薄毛の原因を調べてもらえます。
プロペシアは、薄毛の原因となっている男性ホルモンの生成を抑制させる作用がある医薬品ということで、発毛を促すというよりも抜け毛を予防するタイプの薬と言えます。
発毛作用を引き上げるためにはミノキシジルという医薬品が有効で、血行を促進させる効果があるために、頭皮の血流を良くして栄養素を届けることことに役立ちます。

ページトップへ